ヘルシースイーツみくたむの脱パテブログ

元・パテシェが過酷なパテシェ以外の生きる道を探っていく雑記ブログです。

アイシングクリームを作る時はどんな粉糖をつかえばいいの?

みなさんは、アイシングクリームを作る時に使う粉糖は、どんなものを使っていますか?

そもそも粉糖とは、グラニュー糖を粉末状にしたものです。

実は、粉糖にもいろいろ種類があるのです。

①純粉糖(混ぜ物なしの100%の純粉砂糖です)

オリゴ糖入り粉糖

コーンスターチ入り粉糖

④プードルデコール(溶けにくい粉糖)

 

なぜ、こんなに種類があるのかというと用途によって使い分けをしなくてはならないからです。アイシングクリームについてだけ言及すると、使用するのに向いているのは②と③の粉糖です。

 

何故かというと、砂糖は湿気を吸うと固まってしまいますよね?オリゴ糖コーンスターチは、それを防ぐ効果があるのです。

①は、粉糖しか入っていないので湿気を吸うと固まってしまって使いにくくなります

④は、湿気を吸っても溶けにくい性質を持っているので水分を入れてクリームをつくることが出来ませんのでアイシングクリームには使用出来ません。

主に、ケーキや焼き菓子に振りかけて仕上げ用に使用する粉糖です。

 

では、今度はオリゴ糖コーンスターチならどちらの粉糖がアイシングに適しているのか?という疑問が出てきますね。

 

結論から言うとどちらでもアイシングクリームはできますが、乾燥するまでの時間が全然違います。

 

コンスターチ入りの粉糖は、とにかく乾くのが早いです!

本に書いてある通りの固さに調節してもなんと練っている間にも固さが変わってしまうほどです。(次の記事でコーンスターチ入りのアイシングクリームがどう変化したか書きます)コルネに詰めて、ラインを引いていてもよく見ると乾いてビビ割れて来ているのです。

塗りつぶし用の緩いアイシングクリームも塗っているそばから乾いてくるのです。

ベースを塗って乾かないうちに、違う色のクリームを落として馴染み模にしたいときも少しやりづらいです

ですので、早く乾かして次の工程に行きたい!という場合にはコンスターチ入りの粉糖を使うといいとおもいます。

ちなみにコンスターチ入りの粉糖は、比較的安価で、スーパーなどでも手に入りやすいです。

 

一方、オリゴ糖入りの粉糖は、乾きにくい特徴があるのでゆっくりラインを引きやすいし、直ぐには乾かないので、馴染み模様も作りやすいと思います。

素早く作業するのが苦手な初心者の方には、オリゴ糖入りの粉糖が向いていると思います。

しかし、コンスターチ入りの粉糖よりも若干高いからか、スーパーや製菓材料店などでも手に入りにくいです。(ネットで探せばありますが送料が高いのがネックです)

 

どちらかがダメ!というわけではなく、それぞれ用途に合わせて使い分けてみるといいと思います。

 

次回の記事では、コンスターチ入りの粉糖でクリームを作るとクリームの固さがどう変化していくのか書いてみたいと思います。お楽しみに!

 

オリゴ糖入りの粉糖は、コッタさんで比較的安く購入出来ますよ!

 

 

アイシングクリームは、冷凍出来る?

アイシングクリームが余ったときには、冷凍して再利用できると聞いたので、冷凍してみました。

先日のワークショップで、予備でつくったものが余ったので実験。コルネに詰めた状態で普通の家庭用冷蔵庫の冷凍室に一週間入れてみました。

触った感じではカチコチに凍ってはいない様子でした。

此方は、ベースに塗る固さのアイシングクリーム。
そのままコルネから出してみるとマーブル状に…😰
多分分離しているのだと思います。

f:id:micaosi:20190304223909j:plain

こちらもベースの固さの白、ピンク、黄色のクリームをモザイク模様で出してみると…離水していました!(蝶々の右下の辺りに水が滲んでるのがお分かりでしょうか?💦↓)

f:id:micaosi:20190304224102j:plain

アイシングクリームは、基本的には粉糖、水、卵白だけなので分離しやすいんですよね。

やっぱり、アイシングクリームは冷凍しても離水や分離するのかもしれませんね…(T_T)

クリームを練り直すと繋がって使えるようになる例もあるようですが、残念ながらコルネに詰めたクリームを出してそのまま使えるわけではなさそうです。m(__)m

余った際は、コルネから出して小さいタッパーにでも入れて冷凍し、練り直したり、固ければ水を足し、柔らかければ粉糖を加え水分量を調整しなおして再利用しないとダメみたいですね。

多くの生徒さんがお越しになるワークショップでは、当日に大量のクリームを用意するのが難しいので、前日にコルネに詰めたクリームをジップロックに入れて冷凍したものを、当日そのまま出してワークショップの会場までの移動の間に解凍させて使っている講師の方のブログを拝見しましたが…
(そのときは、たまたま問題なかったようです)

水分量の多いアイシングクリームだと離水しやすいですし、とっても危険な気がします😰やはり、アイシングクリームは、使う当日に作った方が間違いないと思います(>_<)

大人数のワークショップの当日準備が大変なら、人数制限をかけて開催したほうがよさそうです。

2/23(土)猫アイシングクッキーワークショップレポート

昨日は、初のメイクメリーさんでのワークショップでした。

今回は、メイクメリーさんで開催中の猫展に因んで猫のアイシングクッキーにしてみました!

f:id:micaosi:20190224163005j:plain

開始時間より30分前に着いて準備を始めました。

f:id:micaosi:20190224162839j:plain

いきなり本番のクッキーにアイシングするのは、勇気が要ると思うので、オリジナルの練習シートを使って練習していただきました。(パイピングボードと言います)

初めてアイシングを作られるというK様、最初は直線を引くのに苦戦していらっしゃいましたが…ポイントを伝えるとだんだんお上手になられました!

後、直線よりもレースの線の方がお上手でビックリしました。

出来上がったのがこちら!


f:id:micaosi:20190224163405j:plain


肉球のデザインがとってもキュートです!
K様のセンスが光っています。

のちほど、K様よりメッセージをいただきましたのでご紹介致します。↓


【はじめてアイシングしましたが、直線や○形が難しかったですが、みくたむさんが優しく丁寧に教えて下さったお陰で可愛く仕上げることが出来ました😆💕もったいなくて食べられない😃 】https://t.co/JAtNP2Ym88


こんなありがたいお言葉をいただけて感激です。

これからも精進して行きたいと思います!

ヒョウ柄アイシング練習!

本日も、ワークショップに向けて復習と練習をしていました。

アイシングクリーム作りの水分調整は、何度も繰り返して作らないとコツも染み付きませんしね。

あと、朝のニュースで、若者達に密かにヒョウ柄の服も流行ってると聞いて…ヒョウ柄にも挑戦してみました!

こちら!メモ書きを書いていてちょっとお見苦しくて申し訳ないですが、、汗

いつもこうやってデザイン画をクリアファイル等に挟みこんでその上からアイシングクリームで練習しています。
そうすれば、布巾等でふき取れば繰り返し練習することができますからね。↓

f:id:micaosi:20190218164803j:plain

茶色×黒とか黄色×黒の一般的なヒョウ柄ではなく…ピンクっぽいヒョウ柄も可愛いかな~?と思ってクリームを作ってみましたよo(^-^)o💕

私は、こういうラブリーな色合いの方が好きかも

やってみるとなかなか楽しくてハマってしまいました。猫の型で作るとリアルな模様みたいです。

日々精進して頑張りたいと思います!





噂のルビーチョコを食べてみた!

バレンタインに、なんと夫からチョコレートをいただきました!しかも今巷で噂のルビーチョコ!

まだ出始めだし、東京などでも人気でどこへ行っても売り切れで手に入らない!しかも高い!とうわさでしたが、なんと大型ショッピングモールにありましたので、早速ゲット!(笑)


f:id:micaosi:20190214142554j:plain

ルビーチョコとは、ピンク色をしていますがストロベリーチョコではなくルビーカカオ豆から出来ているチョコレートなのだそう。

着色料などは一切使用していない天然の色なのだそうです。

早速食べてみると…

f:id:micaosi:20190214144005j:plain


f:id:micaosi:20190214144032j:plain


??一瞬、ストロベリーチョコだと錯覚してしまいそうになりますが、ストロベリーではない…?
フルーティーでちょっとだけ爽やかな酸味もあるような不思議な味でした。
なぜか洋酒のようなちょっと癖のあるような味もしましたね。(洋酒は入っていないチョコでした)

美味しいといえば美味しいのですが…食べ慣れないからか、いつものミルクチョコのように、美味しい~!とは思えず…(^^;)

でも、この世になかった物を食べられたのはとても
貴重な体験だったかなと思います。

ミルク、ビター、ホワイトチョコ…と出てきて80年ぶりに新しい第四のチョコレートとして登場したルビーチョコレート。

さて、他の3つのチョコレートと同じように後世にまで残るチョコレートになるか?と期待したいところですね。


下記のお店でもルビーチョコレートを販売しているようです。お試しで購入してみてはいかがでしょうか?



初のアイシングクッキーワークショップ開催致します!

ヘルシースイーツみくたむの初のアイシングクッキーワークショップを開催致します!

 

猫ちゃんアイシングクッキーワークショップ

クッキー3枚にアイシングでお絵描きして楽しむワークショップです!

 

f:id:micaosi:20190204020150j:plain

 

クッキーとピンク、黄色、白の三色のアイシングクリームをご用意致しますのでこのように自由にデザインしていただけます。

 

f:id:micaosi:20190204020333j:plain

 


2019年2月23日㈯ 14時から開催。
参加費用 1000円(初期のお試し価格でございます。)
持ち物 エプロン、筆記用具

ご予約は、下記の会場にて直接お申込みくださいませ。

BoxGalleryMakeMerry! 


利用規約を必ずお読みになってからご了承いただける方のみお申込みくださいますようお願い申し上げます。

ヘルシースイーツみくたむアイシングクッキー教室利用規約

https://micaosi.hatenablog.com/entry/2019/01/31/181629

2019年猫展ご紹介!

毎年話題になっている猫の #ハンドメイド 作品が集結する猫展のご紹介です。

今年もBoxgallerymakemerry! さんにて開催中。

f:id:micaosi:20190202185135j:plain

可愛くておすすめなのが秋草インコさんの羊毛作品!キュートすぎるでしょ!(>_<)

f:id:micaosi:20190202185546j:plain

f:id:micaosi:20190202185712j:plain

こちらも人気粘土作家の高橋あずささんの妖精作品

f:id:micaosi:20190202185753j:plain

ブラバン作家・CHIKAMATSUYAさんの猫ブローチも素敵。

f:id:micaosi:20190202185917j:plain

猫展ガチャポン(ワンコイン)もまわしてみました!

当たったのは、こちら!の絵描きのさねすけさんの三毛猫ホームズ布バッチ。布に直接描いてるみたいです。

f:id:micaosi:20190202190119j:plain

猫展ガチャポンは、猫展に参加されている作家さんたちが作品がはいってるお得なガチャポンですよ

人気過ぎて猫展始まったばかりなのにもう完売しそうな勢いです!

皆さんも、猫展に行こうーー!!


猫展開催データー

「第5回 猫展~猫好きの猫好きによる猫好きの為の25日間~」

開催中~から25日(月)まで

開催地
《Box Gallery Make Merry!》
📮760-0051 高松市南新町6-4 第二池田屋ビル2階 東側 田町交番西側 床屋さんの2階。

近くに映画 ソレイユさんあります。

open 11'30~close 18'00/定休日 毎週火曜日・第二・四日曜日/ことでん瓦町駅から徒歩5分

連絡先 087-835-5818